【2022年】厄除け祈願受付中

あけましておめでとうございます。

無事に2022年を迎えることができ、ありがたく思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年に当たり、厄除け祈願の受付を行っております。

一日より、すでに数組の厄除けのご祈願をさせて頂いております。

祈願が終わると、皆さん来られた時よりも安心したようなスッキリとした表情で帰られるので、こちらもありがたい気持ちになります。

当社では、マスクの着用や消毒換気などの新型コロナウィルス感染対策をしっかり行った上で、広い空間で一組ずつ丁寧にお祓い、祈願をさせていただきます。

また、厄祓い、厄除け祈願だけではなく、健康成就、病気平癒、受験・試験合格、子宝・安産祈願、交通安全など、その方に合わせた組み合わせでのオーダーメイド祈願を行っております。

新潟市で厄除けご希望の方は お問い合わせからご連絡いただけるとスムーズです。

2022年の厄年は、下記の通りです。

 男性女性
前厄(24歳)
1999年生まれ
(41歳)
1982年生まれ
(60歳)
1963年生まれ
(18歳)
2005年生まれ
(32歳)
1991年生まれ
(36歳)
1987年生まれ
(60歳)
1963年生まれ
本厄(25歳)
1998年生まれ
(42歳)
1981年生まれ
(61歳)
1962年生まれ
(19歳)
2004年生まれ
(33歳)
1990年生まれ
(37歳)
1986年生まれ
(61歳)
1962年生まれ
後厄(26歳)
1997年生まれ
(43歳)
1980年生まれ
(62歳)
1961年生まれ
(20歳)
2003年生まれ
(34歳)
1989年生まれ
(38歳)
1985年生まれ
(62歳)
1961年生まれ

お祓いで自らの心にある垢を取り払い、心身を清めて、安心して新しい年をスタートしていけますように。

 

厄除け祈願について

厄除け祈願(厄祓い)についてのご案内です。

当社では、新型コロナウィルス感染対策を行いながら、一組ずつ丁寧にお仕えさせていただきます。

祈願は、大幣によるお祓い、祝詞の奏上、玉串奉奠という流れで、所要時間は20分ほどとなります。

できる限り事前にお電話でご予約くださいますよう、お願い申し上げます。

来年、2022年(令和4年)の厄年は下記のとおりになります。(数え年)

 男性女性
前厄(24歳)
1999年生まれ
(41歳)
1982年生まれ
(60歳)
1963年生まれ
(18歳)
2005年生まれ
(32歳)
1991年生まれ
(36歳)
1987年生まれ
(60歳)
1963年生まれ
本厄(25歳)
1998年生まれ
(42歳)
1981年生まれ
(61歳)
1962年生まれ
(19歳)
2004年生まれ
(33歳)
1990年生まれ
(37歳)
1986年生まれ
(61歳)
1962年生まれ
後厄(26歳)
1997年生まれ
(43歳)
1980年生まれ
(62歳)
1961年生まれ
(20歳)
2003年生まれ
(34歳)
1989年生まれ
(38歳)
1985年生まれ
(62歳)
1961年生まれ

厄除け祈願のページへを見る

七五三参りのご案内

子どもの健やかな成長を願うお祝い事である七五三は、その名の通り3歳、5歳、7歳で行われます。

3歳は男女共に「髪置の儀」、5歳は男の子の「袴着の儀」、7歳は女の子の「帯解の儀」が由来と言われています。

当社では、換気やアルコール消毒などしっかりと感染対策を行った上で、広い空間で一組ずつご祈祷させていただきます。(ワクチン接種も完了しております)

また、ご希望の場所への出張も行っております。

その他柔軟に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

令和3年の七五三の対象年齢は、

3歳 平成31年・令和元年(数え年)/平成30年(満年齢)

5歳 平成29年(数え年) / 平成28年(満年齢)

7歳 平成27年(数え年) / 平成26年(満年齢)

となっております。