10月16日、インターネットよりお問い合わせをいただき、安産祈願を執り行いました。

若いご夫婦で、腹帯もお供えし、お祓い、玉串を奉奠していただきました。

「妊娠、出産という人の力ではどうしようもできないことだからこそ、毎日知らず知らずのうちに頂いている恩恵に感謝しつつ、その心を土台に安産のお願いをさせて頂きましょう」とお話しさせていただきました。