2008年3月にご帰幽された前教会長先生の10年の式年祭を執り行いました。

仏教では、1周忌、3回忌、5回忌、7回忌、13回忌・・・と法要を行いますが、神式では、1年、3年、5年、10年・・・と祭事を行います。

「親孝行、したい時に親はなし」という言葉がありますが、残された私たちが幸せに暮らしていくことで、故人、親先祖も立ち行くものなので「親孝行、みたま孝行は亡くなってからでもできるもの」とお話しさせていただきました。

亡くなられた方の法要、式年の祭事を執り行いたい方、ご相談がある方はお問い合せよりご連絡ください。